畳工事には、「新規制作」「表替え」「裏返し」があります

今回は、畳の裏返しについて説明していきたいと思います

スポンサーリンク



畳裏返しとは

畳の裏返しについてちゃんと理解されていない方もいらっしゃいます

畳の裏返しとは、今張ってある畳表を一度剥がし「裏返しにしてまた張り付ける」作業の事を言います

なので、既存の畳表の状態によって仕上がりが左右される事になります

畳裏返しの時期

畳表替えをした後、裏返しをするタイミングですが表替えをしてから約3年から5年と言われています

この3年から5年の間に裏返しをする方がいい理由は色々あります

  • 畳表の裏側まで焼けてしまうため
  • 時期が長くなればなるほどシミや汚れが付くリスクが上がるため

大きくはこの2つの理由です

特に、一つ目の「畳が焼けてしまうから」という理由が最も大きな理由です

畳表の表面は時間が経つと青から茶色(黄色)へ変色していきますね、畳表の裏側も少しづつ色あせていきます

なので、10年など経ってしまってから裏返すと裏側も焼けてしまっていて裏返しても代り映えが無いという状態になってしまうのです

せっかくお金を出して裏返しを行うのであれば、また青畳を楽しめないと意味がありません

なので3年から5年で裏返す事をおススメしています

物理的には裏返しはいつまでも出来ます

これもよく聞かれるのですが、裏返し自体は何年経っても出来ます

出来ない場合と言えば

  • 畳表が破れている
  • 畳の形が長方形か正方形以外

この場合以外は出来ます

しかし、裏返しても綺麗じゃないよ!ってことです

スポンサーリンク



裏返し工事でよくある事

裏返しの場合、畳表を剥がしてみないと裏側の状況がわからないというのが一番大変な所です

裏返しを希望される方のほとんどが、「表替えはまだしない」と言われます。なので、裏替えしが出来ないのであれば「次の表替えの時期まで待つ」というスタンスの方が多いのです

しかし、畳表を剥がしてみたら「シミがあった」ので、やっぱり裏返しは止めておく、というのは出来ませんよね?だってもうゴザを全て剥がしてしまっていますから・・・。

なので、裏返しは一種の懸けです。

通常、一枚だけタタミ表を剥がしてみて「こんな感じですよ」というのは見てもらったりします

しかし、工場で全て剥がしてみたら1枚だけ大きなシミがあったりするのです

なので、そういった可能性が少しでも低いであろう早い時期に裏返しをする事をおすすめします

記憶にないシミや汚れ

結構、お客様の記憶にない「シミ」や「汚れ」があるものです

自分では絶対に汚していない!と思っていても、シミが出ていたりします

工場でシミを発見した場合、お電話にてお客様にご連絡するのですが口でシミの加減を伝えるのはとっても難しいです

客によっては「表替えさせたいから、シミがあるとか言ってんじゃないの?」的な空気感をだされる方もいらっしゃいます

このやり取りはタタミ屋としても若干面倒です

なので、裏返しをしようと思った場合は「多少シミや汚れがあっても裏返し工事を強行してく下さい!」と言っていただけると助かるのです

 スポンサーリンク