この話は実際に起きたクレームを元に書いています

畳替えをした後、畳に掃除機をかけていたら薄ーい毛が生えていると連絡が来ました。

ちなみに、過去に3件ほど同じ事例があります

なぜ畳の表面から毛が生えるのか? ミステリアスな現象の解明を致します!

スポンサーリンク



畳の表面に綿毛!何度も生えてくる正体不明の現象を解明せよ!

現象
  • 畳の表面に産毛のような白っぽい半透明の毛が生えてくる
  • 長さは2ミリから3ミリ程度で、よーっく見ると沢山生えているのがわかる
  • イ草とイ草の間から毛が生えており、見た感じは畳の中から生えてきているように見える
  • 掃除機をかけた後もまたすぐに生えてくる

 

上記のような現象が起こりますので気持ちの悪いのは言うまでもありません

しかし、どう考えても畳の構造上、毛が生えて来ることは考えられませんでした

なので、お客様からの聞き取り調査を繰り返し原因究明に当たりました

まさかの原因にビックリ!

畳の表面から毛が生えてくるという何ともミステリーな現象の原因は、なんと、タオルでした!

畳替えをした後には機械で畳を拭きあげて納品する事が一般的ですが、それでも納品後カラ拭きをされる方は多くいらっしゃいますし、畳屋としてもカラ拭きをおススメしています

そのカラ拭きの時に、タオルの繊維がイ草に巻き込まれてイ草とイ草のなかに入ってしまっていたのです

その状態で掃除機をかける事により、イ草に挟まれた状態で寝ていた毛が掃除機で吸い上げられ立ってしまったのです

毛が立ったことで人の目にもかろうじて確認できるようになってしまい今回の事案に繋がってしまいました

毛を取るために、タオルで拭いて、掃除機かけて と、良かれと思ってやった行為により現象を繰り返していた事になります

ちなみに、一度は布団でも同じことがありました。

さいごに

畳から産毛のような毛が生えているときは、何かしらの布製品の繊維がイ草の間に挟まって起きるという事を覚えておきましょう!

気持ちの良いものではありませんので、知らない状態で毛を見つけてしまうとクレームの電話をしたくなる気持ちになるのもわかりますが、原因は畳ではなく生活の中にあるのです!

 スポンサーリンク